Laravel8内のJavaScriptから環境変数(.env)を呼び出す方法

今回は小ネタ。

Laravelの中で書いているJavaScript内からLaravelの環境変数ってどうして呼び出したらいいんだ~

環境変数に定義することで、変更しがちな文字列とか定義しておきてえええええ

ってことで以下

環境変数を呼び出す。

環境変数の編集

一応.envの記述も。

TEST_ENV=hello

JavaScriptから環境変数(.env)を呼び出す

<script> var test = "{{ env('TEST_ENV') }}"; console.log(test); </script>
Code language: HTML, XML (xml)

これでhelloって文字列が出力されるはず。

以下を使って環境変数を呼びだせる感じ。

"{{ env('環境変数名') }}"
Code language: JSON / JSON with Comments (json)

JavaScriptからLaravelのconfigを呼び出す

<script> var test = "{{ config('file_name.array_name') }}"; console.log(test); </script>
Code language: HTML, XML (xml)

結局envを呼び出すときと同じことをやっています。

configの使い方は以下より

まとめ

今回は以上。結局viewに書いているから今回はLaravel内のenvやconfigが参照できたわけですね!

これですっきりした―

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA