【compact関数とは】Laravel6系を使ってみた。

今回Laravelを使う際にcompact関数を調べることになったのでまとめてみます。

今回使ったのはLaravel6系

compact関数とは

変数、配列をcontrollerからviewに渡すことができるものになっています。

また、複数の変数を渡すことも可能です。

どのようにして渡すのか。

public function index() { $post = "postです"; return view('posts.index', compact('post')); }
Code language: PHP (php)

この場合には$postをview(index)に渡していることがわかります。

するとviewでは以下のように変数を出力することができます。

<p> {{$post}} </p>
Code language: HTML, XML (xml)

こうすると$postが出力されます。

ちなみに複数の変数を渡す場合はこちらになります。

public function index() { $post_1 = "post_1です"; $post_2 = "post_2です"; return view('posts.index', compact('post_1', 'post_2')); }
Code language: PHP (php)

他にもDBからのデータを取得してcompact関数にてviewに渡すなどがあります。

まとめ

毎回調べる方が早い気もしますが、自分の理解を深めるためにブログをコツコツ。

compactは便利な関数なんだな。っと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA