Gitコマンドチートシート

commitの修正

直前のcommitを取り消す

commitしたけど、「あ、やっぱり無しで!」っていうときに使えます。

以下のコマンドを叩くとcommit前のファイルがステージングされたところまで戻ります。

git reset --soft HEAD^

ブランチ名

ブランチ名を変更

git branch -m old_branch_name new_branch_name

今いるブランチ名の変更

git branch -m new_branch_name

過去のコミットメッセージを変更する

直前のコミットメッセージの変更

git commit --amend -m "変更したいメッセージ"
Code language: JavaScript (javascript)

2つ前のコミットメッセージの変更

git rebase -i HEAD~2

エディターが開かれて、pick: コミットが並ぶので、変更したいコミットメッセージのpickの部分をeditに変更する。

pick: ******************** pick: ******************** ---------------------------↓修正後↓----------------------- edit: ******************** pick: ********************
Code language: HTTP (http)

エディタを保存して閉じる。

そしてコメントを追記。

git commit --amend -m "変更したいメッセージ"
Code language: JavaScript (javascript)

元に戻す。

git rebase --continue
Code language: JavaScript (javascript)

ブランチの移動

直前作業していたブランチに戻る

git checkout -

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA