【Git】設定しているリモートリポジトリってどういう意味? git origin??

Git関連

今回はgitを勉強するとこがあり、特にリモートリポジトリ(GitHub)との連携がいまいちわから無かったのでまとめました。

リモートリポジトリを設定ってどういう意味なんだ??

参考
これで完璧! git remoteでリポジトリを【追加,削除,確認,変更】

【Git基礎】git push origin masterのmasterはローカル/リモートどっちのこと?

結論

今回リモートリポジトリに当たるのはGitHubです。

そのリモートリポジトリをgitでショートカット登録設定できるような便利なことを指しています。

では設定の事を詳細で説明していきますね。

詳細

開発を行うときには、リモートリポジトリにpushしたり、pullしたりするわけですね。

その際にショートカットを準備していたら、わざわざURLを入力しないで良いわけですね。

gitコマンドを使いながら説明すると…

以下は例ですが、"origin"という名前にurlを置き換得ることができます。

git remote add origin https://github.com//test

ということでリモートリポジトリにローカルリポジトリの情報を反映させたい場合には以下になります。

git push origin master

ここでいうmasterはローカルのmasterブランチを指していて、それを反映させています。

そう、わざわざURLを貼らなくても良いわけですね。

リモートリポジトリ追加コマンド
git remote add 対象URL

上記のコマンドを利用してリモートリポジトリを追加することができます。

実はリモートリポジトリは複数追加できるんですね。

複数のリモートリポジトリ

複数のリモートリポジトリを追加する理由としては、いくつかあると思います。

  • プロジェクトを掛け持ちしている場合。
  • 会社とは別で個人開発を行っている場合。

様々だと思います。

まあ、いろいろ登録できるということを覚えておきましょう。

そしていろいろ登録していると忘れてしまうので、以下のコマンドで現在のリモートリポジトリの一覧が確認できます。

git remote -v

こんなコマンドでリモートリポジトリを確認することができるんですね。

他にも削除や、リモートリポジトリのURL変更コマンドがあります。

リモートリポジトリ削除
git remote rm 対象リモートリポジトリ名

urlの変更
git remote set-url リポジトリ名 変更先のURL

リポジトリ名の変更
git remote rename 変更前リポジトリ名 変更後リポジトリ名

こんな感じでリモートリポジトリの操作を行っていくようです。

まとめ

操作を一度学べば使いやすい。

しかし、ややこしいなあとも思うわけです。ただチーム開発には必需品なので覚えていきます~

コメント

タイトルとURLをコピーしました