【リモートブランチの削除】git push コマンドでリモートブランチを削除する

リモートにあるブランチの削除方法です。

git pushコマンドでリモートのブランチを削除できます。

リモートブランチ削除のコマンド

git push --delete origin ブランチ名
Code language: JavaScript (javascript)

上記のコマンドでリモートブランチを削除できます。

ただ、チームの運用等確認してから削除するようにしましょう。

ちなみにローカルブランチを削除する際には

git branch -d ブランチ名 git branch --delete ブランチ名
Code language: JavaScript (javascript)

このどちらかのコマンドで削除が可能です。
どちらも意味は同じです。

まとめ

相当短いですが、リモートブランチの削除方法でした。

git pushコマンドはプルリクエストを出すときなどに利用するので、プルリクエストの出し方に関してはこちらを確認ください。

【Git pullリクエストの使い方】チーム開発に必要なプルリクエストに関してまとめてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA