【Gitの使い方】git pull とgit fetch二つのコマンドを使い分けよう。

Git関連

今回はgit fetchコマンドとgit pullの違いについて紹介しますね。

git fetch

git fetch リモート名

今回紹介するのはfetchですが、これはリモートのブランチをローカルに取得して新しくブランチを作成するコマンドになります。

リモートのブランチの内容を反映させるには、

git merge ブランチ名

↑コマンドを使い反映させてください。

反映させるまでに必要なコマンドは2つです。

git pull

git pull リモート名 ブランチ名

リモートから情報を取得してきて、一気に反映させたい場合にはpullを使いましょう。

pullを使うと現在いるブランチに対象のリモートブランチの内容がmergeされるようになっています。

使い分け

pullで注意して欲しいのは、別のブランチにいる時に間違ったリモートブランチをpullしてしまった時です。

そんな時には、ファイルがグチャグチャになっちゃいますよね。

いきなりpullをするのは少し危ない可能性があるので、慣れるまではfetchコマンドを使ってリモートブランチから内容を取得して、mergeするようにしましょう。

まとめ

基本的にはgit fetchを使ってリモートのブランチをローカルに取得して、新しいブランチを作る。

そしてその新しいブランチをmergeするという流れが良いでしょう。

pushして間違えたら大変ですよね!

では、気をつけて!!!

コメント

  1. […] 【Gitの使い方】git pull とgit fetch二つのコマンドを使い分けよう。 […]

タイトルとURLをコピーしました